ブログ一覧

古民家のお庭完成しました

朝晩の冷え込みが厳しくなり、木の葉も色づき、秋の深まりを感じてきたしゅうです。
庭づくりやメンテナンスの仕事の合間に、柿の収穫やアケビのつる取りなど、秋ならではの仕事も経験できて楽しいです。

今日は築100年越えの古民家のお庭が完成しましたのでちょこっとご紹介。
すべてがオリジナルのベンチ、ガーデンシンク、パーゴラ、アプローチ…
古いものやもともとお庭にあった植物やアイテムも活用していき、
まるで古民家カフェのような落ち着いた空間ができました。(カフェではありませんのでご注意を。)
ご夫婦とネコちゃんワンちゃんがゆったりガーデンライフを楽しめるといいですね。

2019年11月10日

ベランダデッキ完成!

こんにちは。10月に入りましたが、まだ蒸し暑さが残るので服装に悩むしゅうです。


先日ベランダデッキの作り替えが完成しました。
既存のベランダデッキの解体から始まり、下の基礎作り、柱の立ち上げ、梁・桁・筋交などをボルトで取り付け、床板や手すりも取り付けて、防腐効果のある塗料を塗って…
高所での作業は一苦労でしたが、木のぬくもりを感じられるしっかりとしたデッキが出来上がりました。
シマトネリコの緑ともなじんでいますね。

2019年10月03日

山小屋のほり出し物市

こんにちは。涼しくなって、空調服の出番が減ってきたしゅうです。


さて、9月から土日の12:00~16:30ごろに、Tea roomの向かいの草屋根の小屋(通称山小屋)で、
山小屋の掘り出し物市を開催しています。(荒天時などは開催しない場合もございます。)
ぬく森の倉庫に眠っていたお宝?がお手頃価格で手に入る貴重な機会ですよ。


一例として…
中古アイアンガーデンゲート、ガーデンテーブル、アイアンラックが各5000円、
裏に長草村(現在の愛知県大府市長草町あたり)の表記がある明治時代の木製一斗枡1500円、
カントリー調な雰囲気の古い車輪3000円、鉄道で使われた犬釘500円から、
ほかにも常滑の作家さんが作ったミニ鉢500円や、古いミシン台利用のテーブル15000円、
木製テーブルやアイアン等のアンティーク雑貨も何点かございます。、
前回の記事でしゅうが作った木の葉っぱも300円からありますよ。(価格は9月21日現在)
商品は随時追加予定です。
来店時にはなくなっていることがありますので、お早めにどうぞ。
1枚目写真右下のメッシュはすでに売り切れです。


基本的にしゅうが店番してますので、気軽にお声がけくださいね。(近くで作業していることもあります)


2019年09月21日

葉っぱづくり

こんにちは、しゅうです。
今日の雨でだいぶ涼しくなり、虫の声も秋めいて、夏の終わりを五感で感じられるようになりました。

さて、最近のしゅうは葉っぱづくりの練習中です。
余った木材から糸のこ盤で葉っぱの形を作るこの作業、結構大変です(笑)。
けがをしないよう、下書きの線に沿うよう慎重になるので、目や肩、手がどうしても疲れます。
ようやく慣れてきて、細かな葉っぱのギザギザの表現もできるようになりました。

この葉っぱの木、オーナメントやペーパーウェイトとして使ったり、いくつか組み合わせてリースを作ったり出来ますよ。
色づく落ち葉が美しくなるこれからの季節にぴったりのアイテムだと思います。
Tea roomにもいくつか展示・販売していますので、気になる方はぜひ見に来てくださいね。

2019年08月23日

ルリマツリ

こんにちは。梅雨が明けたとたん連日の猛暑で、現場作業では扇風機付きの空調服が欠かせないしゅうです。
最近のぬく森ガーデンでは、外の水路がある道沿いにルリマツリが涼しげな青い花を咲かせています。
南アフリカ原産の熱帯花木なので、丈夫で育てやすいですし、寒さにも強い常緑の植物です。
お客様のお庭でもよく使わせていただいております。生育旺盛なので、こまめな剪定がポイントですよ。

さて、この時期のぬく森ガーデンはほぼ毎日夕方に水やりします。
特に鉢物は乾いていたら底までしみだすくらいにやるようにしています。
かといって湿っているのにやりすぎると根腐れを起こして枯れてしまうので、
土の様子をよく見るようにすることが大切だとオーナーに教わっています。
みなさんのお庭の水やりの参考になると嬉しいです。

暑い中の庭仕事、みなさんも熱中症にお気をつけて涼しい時間に行ってくださいね。


2019年08月04日

野州ハナセキショウ

こんにちは。
最近はメンテナンスやぬく森の竹林整備などで忙しくも充実した日々を送るしゅうです。

さて、今回はTea roomのドアの前の噴水横にさりげなく咲いている、
野州花石昌(ヤシュウハナセキショウ)をご紹介します。
ユリ科の多年草で7~8月に涼しげな白い花をたくさんつけ、10~30㎝くらいの高さになります。
もともと山の湿った岩場に自生しているので、噴水の鉢の脇に置いてあるわけです。
「野洲」はこの花の特産地である下野国(栃木と群馬の一部)の通称です。
しゅうは、しずく型のつぼみが気に入っています。

この野州ハナセキショウ、少量ですがぬく森でポット苗の販売もしていますので、
気になる方はTea roomへ足をお運びくださいね。

 

2019年07月20日

スタッフブログはじめます!

はじめまして。
今年(2019年)の春からカントリーワーカーぬく森のスタッフとなりました「しゅう」と申します。
このブログでは、ぬく森の情報やしゅうのぬく森での発見などを載せていく予定ですので、
どうぞよろしくお願いします。

さて、写真は梅雨のぬく森ガーデンで見つけた仲良さげなカタツムリ2匹。
雨の日のTea roomではこんな素敵な出会いがあるかもしれませんよ。
土日の午後はゆったりとした時間が流れるTea roomへぜひお越しください。

2019年07月13日